google analystics

ANAマイルの貯め方 (実践編:LINE-ソラチカルート)

2018-10-17マイルの貯め方マイル, ANA

スポンサーリンク

 

前回の記事で、どうやってANAマイルを貯めるかの流れを見ていただきました。

今回はその超重要ルートであるLINE-ソラチカルートについて説明します!

 

ANAマイルの貯め方(ポイントサイト利用)

ANAマイルの貯め方についてはこちらを見てください。

上の記事のように、ANAマイルはポイントサイトを利用することで爆発的に貯めることが出来ます。ポイントサイトのポイントをANAマイルへ交換するルートは何通りかありますが、以下の4通りをおさえておきましょう。

ルート 倍率 期間
(目安)
1ヶ月
の限度
必要な
クレジットカード
LINE-ソラチカルート 81%
(横着すると73.629%)
2カ月前後 18,000
マイル
・ソラチカカード
・三井住友VISAカード
nimocaルート 70% 場所が限られておりまちまち 21,000
マイル
・ANA nimocaカード
JQセゾンルート
(JQみずほルート)
70% 1ヶ月程度 105,000
マイル
・JQカード
・セゾンカード
・みずほマイレージクラブカード/ANA±三井住友VISAカード
ワールドプレゼント直接ルート 60% 3週間程度 12,000
マイル
・三井住友VISAカード

図のように、LINE-ソラチカルートはマイル交換率が最大の81%!!

これを知らずにANAマイラーは語れません!!

少し複雑なのでまずは全体像を見てもらって、その後詳しくみていきましょう☆

 

LINE-ソラチカルート全体像

言葉であらわすと、

何とかLINEポイントに集めて、メトロポイントを経由してANAマイルに交換する

ということです。

 

ごちゃごちゃしているので、最初は何のことかわからないと思います。大丈夫です、一つずつ解説していきますよ!

 

LINEポイント – メトロポイント – ANAマイルの流れ

ANAマイルを貯める際は、以下のルート(上記のざっくりバージョン)をたどることでドカンと貯めることができます。

ポイントサイトで貯めたポイントを「LINEポイント」を経由して、「メトロポイント」に集めます(ここで0.9倍になる)。

ここで、ソラチカカード というものを持っていると、「メトロポイント」から「ANAマイル」に0.9倍という高レートで移行することが出来ます。

その限度が月に20,000メトロポイントなのです。

 

倍率が0.9倍となるため、

20,000メトロポイント ⇒ 18,000 ANAマイル

が、このルートでの1ヶ月の限界となるのです。

 

上記の年間21.6万マイルというのは

18,000ANAマイル × 12ヶ月 = 216,000マイル

ということです。

 

ここは大事なので、一度まとめます。

 

LINEポイントからANAマイルまでは、0.81倍のレートで交換することが出来ます。

 

具体的には、

100LINEポイント ⇒ 90メトロポイント ⇒ 81ANAマイル

となります。

 

そしてこの、メトロポイントからANAマイルに0.9倍で移行する際にソラチカカード を所持していることが必須なのです!

 

我々がするべきことは一つ。

いかに多くのLINEポイントを貯めるか

ということです!!

 

それでは、LINEポイントの貯め方を見てみましょう。大きくは2通りあると思ってください。

 

LINEポイントへ集める道のり

LINEポイントへの道①(手間が少ない)

 

ソラチカルートの改悪事件(2018年3月31日)から、LINEポイントに有利なレートで交換できるポイントサイトが重要となってきました。

 

LINEポイントへ ”直接” 交換可能なポイントサイト⇓⇓

ポイントサイト 交換率 LP(LINE Point) 手数料
ポイントタウン 100% 20p ⇒ 1 LP 無料
Gポイント 100%(実質) 1p ⇒ 1 LP 5%
(条件により手数料全額還元
moppy 90.9%
(手数料を考慮済)
330p ⇒ 300 LP
(手数料を考慮済)
30p
PeX 90.9%
(2018年6月1日から改善)
※100%で移行する手段あり
110p ⇒ 10 LP 無料
お財布.com 90.9% 110コイン ⇒ 100 LP 10%

以上の通り

、ANAマイルを貯める場合はポイントタウンGポイントを経由させるのが最も有利となります。

ちょびリッチは、Gポイントに等価交換可能ですので、最高交換率を維持してANAマイルに移行させることが出来ます。

moppy(モッピー)は直接LINEポイントにすると実質90.9%となってしまいますが、Gポイントに等価交換することが可能でので、最高交換率を維持することが可能です。

◆比較的簡単に最高交換率で移行できるポイントサイト◆

ポイントタウン
Gポイント
moppy
ちょびリッチ

どのポイントサイトを使うかは、「どこ得?」で調べることが出来ます。

どこ得?で調べたうち、還元ポイントの高いところをみますが、第一選択は上記の4つになります。

しかし、下の「LINEポイントへの道②」で示すポイントサイトの方が、上記4つよりも明らかに獲得ポイントが多い場合は下記のポイントサイトを利用することになります。

その案件ごとに一番有利なものを使用してください☆

 

LINEポイントへの道②(少し手間がかかる)

ハピタスをはじめとして他のポイントサイトからの交換では、ひと手間加える必要があります。

その手間さえ惜しまなければ100%の交換率でLINEポイントへ移行させることが出来ます。

少し手間はかかるが、爆発的にポイントが貯まるポイントサイト

など

ここで必要となってくるのが、三井住友VISAカード(一部Mastercardあり)です。

上記の図の「ワールドプレゼントポイント」という箇所があると思います。そのポイントを扱うために三井住友VISAカードが必要となります。

対応しているクレジットカードは次の記事に譲ります。(私は、ANA SFC ゴールドVISAを利用しています)

 

ポイントサイトについては、このルートでもGポイントが必要となりますので、必ず登録するようにしましょう。

これらのポイントサイトは一度、PeXというポイント交換サイトを経由させますので、こちらの登録も済ませておきましょう!

 

このようなひと手間をかけることにより、100%のレートでLINEポイントへ移行することが出来、最終的に81%の交換率を維持することができます!!

 

LINE-ソラチカルートのための準備

①「ソラチカカード」を作る

ポイントサイトで集めたポイントをANAマイルに交換する時に必要になります。

「メトロポイント」からANAマイルへの交換時にソラチカカード が必須です。

ソラチカカード は「ANA To Me CARD PASMO JCB」が正式名称で、ANAマイルを貯める陸マイラーは全員持たなければならないものです!

これは必須! 何も考えずにソラチカカードを作りましょう!

年会費(税込み) 継続ボーナス
ANA To Me CARD PASMO JCB 2,160円 1,000マイル

 

 

②「三井住友VISAカード」を作る

後述しますが、ポイントタウンGポイントmoppy、ちょびリッチ以外を使う方は、「ワールドプレゼント」に対応している、三井住友VISAカードが必ず必要となります。

 

ワールドプレゼントに対応した三井住友VISAカード(一部Mastercardも対応)は以下の通り。

クレジットカード 年会費
(税込み)
実質年会費
(税込み)
継続ボーナス(マイル)
ANA VISA プラチナ プレミアム カード 86,400円 86,400円 10,000
ANA VISA ワイド ゴールド カード (Mastercardも対応) 15,120円 10,260円 2,000
ANA VISA ワイド カード (Mastercardも対応) 7,830円 6,777円 2,000
ANA VISA 一般 カード (Mastercardも対応) 2,160円 1,107円 1,000
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 2,160円 811円 1,000
ANA VISA Suicaカード 2,160円 811円 1,000
ANA VISA nimoca カード 2,160円 811円 1,000
三井住友 VISA プラチナ カード 54,000円 52,920円
三井住友 VISA ゴールド カード 10,800円 5,400円
(最大4,320円まで割引可)
三井住友 VISA プライムゴールド カード 5,400円 1,620円
三井住友 VISA エグゼクティブカード 無料 無料
三井住友 VISA エブリプラス 無料 無料
三井住友 VISA アミティエカード 1,350円 無料
三井住友 VISA デビュープラス カード 無料 無料
三井住友 VISA クラシックカードA 1,620円 無料
三井住友 VISA クラシックカード 1,350円 無料

※「継続ボーナスマイル」は、1年の更新毎にもらえるマイルです。1マイル1.5~15円分の価値なので1年に1回以上使用して、更新するだけで年会費の元をとれていることになります。

 

私のお勧めは、メインカードとしてしっかり機能して将来SFC(スーパーフライヤーズ)をとった時もクレジット審査落ちを気にしなくてよくなる、

ANA VISA ワイド ゴールド カード!!

私のメインカードもこれのSFC(スーパー・フライヤーズ・カード)バージョンです☆

一般の三井住友VISAカードでも問題ありません☆

とにかく、上記の中の一つは持っておきましょう。

 

③ポントサイト・ポイント交換サイトに登録する

絶対に作るべきは、

Gポイント
ポイントタウン
moppy(モッピー)
ちょびリッチ

とくに、上2つの、Gポイントポイントタウンは必須です!!

 

上記以外のものに関しては、少し手間をかけてポイント交換する必要がありますが、100%でLINEポイントに移行させることが出来ます。

ハピタス
Get Money(ゲットマネー)
Point Income(ポイントインカム)

など。

どこ得?」で検索すると、同じ案件でもこちらの方が獲得ポイントが高い場合もあるので、登録しておいて損はありません!!

 

ハピタスは特にオススメ!!ポイントが爆発的に貯まる方は、ハピタスからポイントを得ている方が多いです!!

ハピタスなどでポイントを得た場合は、PeXを経由させる必要があります。

こちらの登録も必須です!!

 

上記全てに登録しても、手数料は完全に無料!登録だけでもしておいてください。

 

④LINEアカウントの作成

LINEアカウントを持っていない人はもはやかなりの少数と思いますが、ない人はこちらからダウンロードしてアカウントを作りましょう。

 

LINE-ソラチカルートでの実際の作業

私たち陸マイラーが行うべきことは以下の作業です。そう、⑤のポイントサイトからANAマイルに交換する道を作ってあげることですね☆

 

ポイントサイトで案件をこなす(ポイントをためる)

図の、赤枠の部分でポイントを稼ぎます。

とにかく、ポイントを稼ぎます!!

クレジットカード発行、証券口座開設など、出来ることは何でもして下さい(笑)

◆案件の例◆

  • クレジットカード発行
  • 銀行・証券口座開設
  • 楽天やYahooショッピングでの商品購入
  • 外食モニター
  • インターネット回線申し込み
  • エクスペディアをはじめとした旅行予約   など

ここで問題となるのは、「どこのサイトを経由するのが一番お得か?」ということです。

それは、「どこ得?」で探します。

 

例えば、楽天カードを発行する場合、

と入力します。すると下に該当するポイントサイトが表示されます。

還元額は時期や日によって変わりますので、適宜調べる必要があります。

この時だと、モッピーを経由して楽天カードを作成するのが一番お得ということですね!!

こやって案件を探ってください!!

 

クレジットカードだと発行するだけでもらえたり、3カ月以内に10万円とかの利用でもらえたりと条件が違いますので確認しておきましょう。

証券口座開設も同様です。特にFXの場合は「○○万円以上の入金と○○通貨以上の取引」といった条件が多いです。

ポイントがどこが一番高還元か調べるために役立つサイト

「どこ得?」

 

貯まったポイントをLINEポイントに集める

LINEポイントに集約します。

とにかくいいレートでLINEポイントに移行させることが重要です。

上の図をよく理解してくださいね☆

 

LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイルに交換

ソラチカカードのポイント(メトロポイント)に集めてANAマイルに交換する

0.9倍のメトロポイントにできます。

100円分のLINEポイント ⇒ 90メトロポイント

改悪されたソラチカルートですが、今後もメトロポイントからANAマイルへの交換は0.9倍で可能です。

100メトロポイント ⇒ 90ANAマイル

問題なく交換できます☆

これを毎月繰り返すことで、年間21万6,000マイルを貯めることが出来ます!!

 

まとめ(おさらい)

これは本当に重要なところです!!

必ず理解してもらいたいので、もう一度まとめます!!

 

マイルを貯める準備

 

 

実践

  1. ポイントサイトで案件をこなす。
  2. なるべく良いレートでLINEポイントに移行する。
  3. LINEポイントからメトロポイントに交換する。
  4. メトロポイントからANAマイルに交換する。

これで最低でも年間216,000マイル貯まります!!

早速やってみましょう☆

 

◆応援クリックお願いします◆

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへにほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

スポンサーリンク

2018-10-17マイルの貯め方マイル, ANA